お問い合せ

研究開発

開発品紹介

TBIS® シリーズ

ビスフェノール誘導体

当社では数々のフェノール誘導体とカルボニル化合物の反応実績があります。近年進む高性能・高機能化のニーズに応じて種々のビスフェノール誘導体の開発・生産を行っています。透明性や耐熱性が必要な樹脂原料に適しており、特にフルオレン系化合物はカルド構造を有することで高屈折率、低複屈折と言った特徴を示します。

化学名[品名]構 造代表性状 等Stage
TBIS®-G
CAS No.117344-32-8
化審法4-1748
外観白色結晶
融点164℃
屈折率1.62
Commercial
CHBP-F
CAS No.843-55-0
化審法4-44
外観白色結晶
融点194℃
屈折率1.59
Commercial
TBIS®-RX
CAS No.4081-00-9
化審法-
外観白色結晶
融点270℃
屈折率1.65
Pilot
TBIS®-ZP
CAS No.2115022-46-1
化審法-
外観白色結晶
融点203℃
屈折率1.67
Pilot

【用途】 特殊樹脂(光学材料、電子材料)原料、改質剤

酸二無水物誘導体

脂環式骨格またはフルオレン骨格を含む特殊構造により、低誘電気特性に優れ、高透明性を示します。
ポリイミドのモノマーとして用いた場合、溶媒溶解性に優れる為、加工性向上が期待できます。

化学名[品名]構 造代表性状 等Stage
TBIS®-DMPN
CAS No.-
化審法-
外観白色結晶
融点182℃
屈折率1.59
Laboratory
TBIS®-RXN
CAS No.1830316-18-1
化審法-
外観白色結晶
融点332℃
屈折率1.63
Laboratory

【用途】 ポリイミド・ポリアミド原料、エポキシ樹脂用硬化剤、ウレタン用架橋剤

エポキシ樹脂

ビナフチル骨格を持つエポキシ樹脂は、低粘度で耐熱性に優れ、その硬化物は高屈折率や高温低弾性と言った特徴を有しています。また、TBIS®-RXGは既存のビスフェノールフルオレンエポキシ樹脂と比較して、溶媒溶解性、低粘度でハンドリング性に優れているといった特徴があります。

化学名[品名]構 造代表性状 等Stage
TBIS®-GG
CAS No.259881-39-5
化審法4-1816
外観淡黄色粘性固体
5%重量減少温度363.4℃
粘度(150℃)52.5mPa・s
屈折率1.60
Pilot
TBIS®-RXG
CAS No.47769-72-2
化審法-
外観-
5%重量減少温度342℃
粘度(150℃)374mPa・s
屈折率1.62
Laboratory

【用途】 電子材料(レジスト、封入剤)、光学材料、接着剤、塗料、積層剤、添加剤等

エピスルフィド樹脂

下記エピスルフィド樹脂は室温にて長期保管可能でありながら、低温で硬化する特徴を有しています。また、その硬化物は 低誘電特性、低吸水性といった性質を持ち、硫黄化合物特有の臭気も低く、透明性に優れた物が得られます。

化学名[品名]構 造代表性状 等Stage
TBIS®-AHS
CAS No.31635351-2
化審法-
外観無色~淡黄色粘性液体
粘度(25℃)30Pa・s
屈折率1.53
Pilot

【用途】 偏光板向け接着剤、有機EL・LED封止材および接着剤など

※ リスト以外にも、種々のジオール、ジアミン、酸二無水物、エポキシ、アクリレート等の合成検討を行っております。

LCP用接着剤 AH7042X

優れた耐熱性 低アウトガス 高温時接着性UP

特徴

  • 耐熱性、高温耐久性に優れ、LCPリレー封止に活用可能
  • 二液型エポキシでは必須の主剤・硬化剤の配合が不要
  • 硬化過程において発生ガスが少ない(低アウトガス)
  • 用途に合わせた粘度、垂れ具合に調整可能
グレード高耐熱
新製品開発品既製品
製品名AH7042XAH7042X-5AH8042KLAH1032K
標準硬化条件110℃×60分100℃×60分
粘度(Pa・s/25℃)35323530
チクソ指数(25℃)221.52
Tg(℃)[TMA]129134119113
LCP
TSS
(N/mm2)
初期101098
熱老化後7773

*S社製LCPを使用。熱老化後・・・270℃×10分暴露後測定。

柔軟性AH2062UX 開発品

柔軟グレート、優れた減衰性、静音性

特性・物性

製品名2042UK2062UK他社品
高柔軟良接着
粘度(Pa・s/25℃)335846
チクソ指数(25℃)1.71.71.7
ゲルタイム(分/100℃)32>100
硬化物物性硬度(25℃)A 64A 87D 40
tanδ(*1)0.210.280.16
E'(MPA)(*1)69381
引張せん断
接着強度
(N/mm2)
標準硬化条件120℃×60分120℃×60分110℃×120分
51013
PBT3300243
T型剥離
接着強度
(N/mm2)
-21
アルミ-21

(*1) DMA 30℃ 10Hz

TACKIROL201(アルキルフェノールホルムアルデヒド樹脂)

TACKIROL201は優れた性能を持つ
樹脂架橋剤として知られています。

TACKIROL201L30

液状化のメリット
ポリマーへの分散性改良
耐ブロッキング
粉塵飛散防止